インフルエンザの特性をしっかり把握!適切な対策を実行しましょう

感染力が高い病気

マスクを付けた男性

インフルエンザはすぐに広まるので、感染を防ぐためには日頃から予防することが大切です。手洗いの習慣を徹底して、時にはアルコール消毒剤を活用するなどして予防しておきましょう。

もっと知ろう

病気の特徴に関して

細菌

季節の変わり目などに発症しやすい病気がインフルエンザです。インフルエンザを発症すると、高熱、頭痛、関節痛など、他にも様々な症状を引き起こすと言われています。よく似た病気に風邪があります。インフルエンザの症状は風邪と似ているので、インフルエンザにかかっていても風邪だと勘違いして放置してしまう方がいます。しかし、インフルエンザは風邪とは違い、症状が悪化するスピードが早く対応が遅れると生活に支障をきたす恐れがある病気なのです。それ故に、インフルエンザを早期発見して、素早く対応するためには症状の特徴を把握しておくと良いでしょう。インフルエンザは高い熱を引き起こしますが、風邪は微熱で終わることが多いです。また、強い気管支炎や筋肉痛、関節痛も発生します。これらの症状は風邪をひいている際に現れにくいです。つまり、強い高熱や気管支炎、筋肉痛などが発生した際には、インフルエンザかもしれないと考えた方が良いということです。もし症状が現れたのであれば、早めに病院で検査してもらってはいかがでしょうか。素早く検査して問題を明らかにして、治療を行えば症状が軽い段階でインフルエンザ問題を解決できるかもしれません。

インフルエンザは非常に感染率が高い病気なので、感染シーズンの際には消毒を心掛けることが大切ですよ。まずは、外出先から戻ってきた時、食事をする前、などその他様々なタイミングでこまめに手洗いをするのも効果的です。

空気感染予防や殺菌など

中年女性

インフルエンザは空気感染することがあるので、発症を予防したいのであればマスクを着用すると良いかもしれません。また、消毒エタノールを活用して身の回りを除菌するのも有効的ですよ。

もっと知ろう

治療や検診などの説明

うつ伏せになる男の人

予防したけれどもインフルエンザに感染した、そういった場合には病院で治療してもらうことになるでしょう。病院で治療する際には、薬が処方されるのでしっかりと服用することが大切です。

もっと知ろう